合宿免許のデメリット

短期間に集中して費用も安く抑えながら免許を取得できる合宿免許ですが、デメリットもあります。短い期間にスケジュールが詰め込まれるため、最低でも2週間程度の休みが必要となります。学生は長期休業を利用することができますが、一般社会人がそれだけのまとまった休暇を取得するというのは現実的に厳しいかもしれません。また、通学とは違って、一日のスケジュールがとてもタイトなものとなっているため、何時間も講習や実習が組み込まれることになります。詰め込み式となるので、なかには精神的なストレスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

合宿免許を卒業したあとには、免許を取得するために学科試験を受けることになります。受験場所は、受験者が住民登録をしている各都道府県と定められているため、自宅から離れた地域で合宿免許に参加した場合は、地元に戻って試験を受けることになります。各都道府県は独自に学科試験を作成して実施しているため、地元の自動車学校や教習所で教習を受けた人と比較すると試験問題の傾向と対策がわかりにくいというデメリットもあるようです。短期間、低料金で免許取得するためには仕方がない点もあり、合宿免許を選択したからには、努力するしかないでしょう。

loading
×